メニュー

当院の特徴

通常の整形外科診療はもちろん、疾患によっては超音波診断装置(エコー)を用いた診断やブロック注射に対応しております。

肩関節痛の専門的診断・治療

日本における有訴率(病気やケガによる自覚症状)の上位1、2位は『腰痛』と『肩こり』と報告されています。肩周辺の痛みや機能障害でお困りの方々の中には手術が必要な例もありますが、大半は保存的治療(ブロック注射やリハビリテーションなど)により症状を改善し、機能を維持することができます。

当院では超音波診断装置(エコー)を使用して筋肉や腱・神経を観察しながら、より正確で効果的なブロック注射を行っています。

予防医療(転倒防止、骨折防止)

近年、平均寿命ではなく『健康寿命』という考え方が注目されています。日常生活で自立度が低下し要支援・要介護の状態に至るにつれ、健康寿命が脅かされてしまいますが、その原因の約23%が運動器の障害だと皆様はご存知でしょうか?

運動器の障害には転倒による骨折などが含まれます。これらを防ぐためには、『転びにくい身体』と『折れにくい骨』の両輪が当然必要となります。当院では骨粗鬆症の評価と治療を行うとともに、適切なリハビリテーション(ロコモトレーニング)をサポートいたします。 

* 平成25年国民生活基礎調査の概況より

診療内容

整形外科

変形性疾患

さまざまな原因により、肩や膝・背骨の関節に痛みや腫れが生じ、それが続くと変形性関節症にいたります。当院ではこれらの痛みに対して、症状を和らげるお手伝いをさせていただきます。

脊椎疾患

腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患に対し、リハビリテーションや投薬などの治療を行います。

スポーツ・外傷疾患

捻挫や打撲・骨折などの外傷から、ちょっとした切り傷まで様々なケガに対応させていただきます。

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは骨の強度が低下し、骨折しやすくなる病気です。当院では、骨の強さ(骨密度)を測定し、結果をもとに適切な治療を行います。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME